リフォーム・リノベーション

 リフォーム・リノベーション工事はどこに頼んだらいいの?

工事内容を検討するよりも業者選びが一番悩ましいかと思います。

 

本当に信頼・相談できる業者さんはいるのだろうか?

皆様、そのような疑問を持ちながら当社とも初回お打ち合わせをしております。

 

私たちがお客様の不安に思う事を1つ1つお聞きし問題解決していきます。具体的な予算や工事したい内容、どんな些細なことでも構いません。まずは、お気軽にご相談ください。

 

私たちの建築に携わってきた経験を活かして、

お客様が理想とする暮らしのお手伝いをさせていただきます。

 

スタッフ一同、ご連絡をお待ちしております。

 

 



CASE1:戸建て改装工事

工事内容

・暖炉設置

・キッチンタイル張替

・ウッドデッキ拡張工事

・トイレスペース撤去→書斎スペースへコンバージョン

・玄関ホール、通り土間洗出し→タイル仕上げなど

■施工前+施工途中


CASE2:店舗兼住居 改装工事

ほぼスケルトン状態にしリノベーションした事例です。

床は新規に張替、天井にも建物内のイメージを残しつつ昭和×令和を意識した内装へ。

既存の砂壁を剥がし、灰汁止め、下塗り材を何度も行い塗装仕上げ。

店舗利用もあるため、トイレ・洗面室は使い勝手をよくし清潔感のある空間へ。

■施工前+施工途中


CASE3:団地リノベーション工事

1974年7月に建築された団地のリノベーション。

家具を後から購入してしまうと配置スペースに困ってしまう為、作り付けで使い勝手の良いように造作で作製。

木質感を出し、随所に遊び心を入れた工事です。ウッドデッキ部分に関しても取り外しが出来るよう施工しています。

 

■施工後

■施工前



CASE4:外壁塗装工事

大家さんの管理物件の戸建てアパート建物を永く維持させるため築13年目に外壁塗装工事です。

工事内容:足場設置・シーリング打ち替え・基礎廻り塗装/外壁塗装・バルコニーデッキ補修(張替)等

外壁塗装では、従来貼られていたサイディングがお好みで塗装をしてしまうと単色になってしまうのが嫌で、仕上げは吹付塗装で仕上げました。

基礎に関しても苔がつきやすい環境だった為、基礎まも~るという商品で汚れがつきにくい仕上がりです。(雨水桝も水抜けしやすいものに変更)

■施工後

■施工前


~施工の流れ・施工風景~

基本的な外壁塗装(当社での)流れ

①近隣へのご挨拶→②足場設置→③高圧洗浄→④既存シーリング撤去→⑤プライマー処理(重要)→⑥新規シーリング

→⑦下塗り2回(屋根・壁共に)→⑧上塗り2回(屋根・壁共に)※状況によっては3回行う。→⑨足場撤去→⑩近隣への挨拶・清掃

※今回の事例では、吹付塗装の仕上げの為1回となります。



バリアフリー・介護リフォーム

毎日を過ごす家は、安心して暮らせるようにしたいもの。しかし、家庭内の事故は意外と多く、年間死者数は交通事故死よりも多いのです。

バリアフリーリフォームの動機としては、若い世代では同居している家族のために必要になった場合が多いのですが、50代以上では、自分自身の今後を考えてリフォームを実施する傾向にあります。
大きな障害が無くても、身体の衰えは進行します。将来の必要性を見据えて、住まいのバリアフリー化を検討しましょう。

専門スタッフがご提案

ASOBU家ではバリアフリー・介護リフォームの専門スタッフ福祉住環境コーディネーター福祉用具専門相談員がおります。

実際に介護老人ホームなどの介護リフォームも手掛けておりますので、お気軽にご相談ください。

専門スタッフがご提案させていただきます。

●福祉住環境コーディネーターとは、高齢者や障がい者にとって“安全で安心して暮らせる住まい”を提案するアドバイザー。福祉住環境コーディネーターは、医療・福祉業界はもちろん、建築業界や福祉用具メーカーなど、幅広い職場で、その力が必要とされている有資格者になります。

 

福祉用具専門相談員とは、介護保険の指定を受けた福祉用具貸与・販売事業所に配置が義務付けられている専門職です。他の介護保険サービスの専門職と連携しながら、高齢者の自立した生活を、福祉用具でサポートします。ご利用者のからだの状態や使用環境に合わせ、福祉用具の調整をおこないます。また、福祉用具を安全かつ有効に使っていただけるよう、取り扱いについて説明点検使用状況の確認などをおこないます。

※バリアフリーリフォームは、介護保険の住宅改修助成制度を利用できる場合があります。また、自治体によっては助成制度を設けているところもあります。

お気軽にご相談ください。


古物再生

(家や蔵に眠っている物へ職人の魂を込めて)

古物商許認可取得しております】

神奈川県公安委員会許可 第452670008150号 道具商

昔のテーブルや椅子、霧のタンスなどの家具から暖炉、木柱、蓄音機や障子など古物を再生・リメイクすることが可能です。熟練の職人の技術と魂を込めて古物再生とさせます。また、リメイクした物を再度商品として販売することも可能です。古物の取り扱いには古物商の免許が必要になります。弊社は神奈川公安委員会許可を取得登録されております。

古民家再生

数少ない一流の職人が集って出来る巧みな技法をASOBU古民家ではカタチにできます。宮大工出身の棟梁福島を筆頭に厳選された職人のみができる伝統工芸。巧みな技と経験・知識を結集させたASOBU古民家は他県の住まなくなった古民家をばらして、貴重な柱や建具を現在の技法と法令制限に合わせながら再生していきます。


ボロボロでも。築古でも大歓迎

中古売却物件募集中

リノベーション希望のお客様が多数登録しておりますので、お気軽にご相談ください。

 

リノベーション前提だから、築古やボロボロの物件がそのままの状態でも早く売れます。


ASOBU家Instagram

ASOBU家

物販&リフォーム

Instagram

Pinterest でアイデアを発見しましょう!!

HOUZZ 掲載中!!

パターンオーダーの住宅で、

価格を抑えた家づくりしたい方は。

湘南・藤沢・茅ケ崎の工務店

信湘建設株式会社

〒253-0002

神奈川県茅ケ崎市高田2-13-43

TEL:0467-26-0657

FAX:0467-26-0658