耐震診断現地調査

 

建物の耐震診断に於いて、外観劣化調査(目視)、図面照合調査、コンクリート圧縮強度試験、コンクリート中性化試験などの各調査により、現状の建物状態を把握し、その結果を耐震診断に反映させるための調査を行ないます。

最近では一般の一戸建て住宅に於いても、大切な我が家がどのような状況にあるのかを調査することへの関心が高まって来ています。とりわけ基礎は建物の架台として最も大切な部分であり、配筋の状況やコンクリート強度・中性化深さについて調査します。

国家資格のある非破壊検査技術者がしっかりと調査いたします。

皆さんが普段安全に生活している建築物の耐震などコンクリート内部の検査を致します。

非破壊検査と名前は難しいですが、簡単に言うと「建物のお医者さん」

コンクリートの耐震や状態に問題がないかをX線探査とRCレーダ探査等の機械を使って

調べます。


ご相談内容

現在の自宅の耐震性が気になる。。土地の擁壁が古くて心配。。

まずは、お気軽にご相談ください。