030年にかけて、政府によるエネルギー・住宅政策が
段階的に進められいます。

ZEHが標準装備されると、
将来、家の評価が変わります。
今後はZEHの家が資産価値大です。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)は、将来に必要な住まいの条件を満たした住宅です。国は現在、築後20年でほぼ無価値になる戸建て住宅の査定方法の改定を進めており、住宅の築年数ではなく、質の高さが取引価格に反映されるよう評価の仕組みを見直す意向です。ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)に対応しているかいないかは、住宅の評価(資産価値)に大きく関わると言えるでしょう。これから住宅購入をご検討される場合、将来を見据えた計画が必要です。

誰でもなれるものではありません!

平成28年度「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業(ZEH)」の補助金に関して、経済産業省は、その要件としてZEHビルダー登録制度を実施する旨を発表しました。ZEHビルダー」として申請・登録した会社が、設計・建築するZEH住宅のみを補助金対象とする内容です

登録にあたっては全部で5つの要件が求められているので、ZEHビルダーにはすべてのハウスメーカー・工務店が登録できるわけではありません。

 

ASOBU家経済産業省が定めるZEHビルダーの登録事業者認定されました。

 

 

ASOBU家ZEH目標率


ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2018 優秀賞 受賞!

省エネルギー性能に優れた住宅を表彰する制度

ハウス・オブ・ザ・イヤー2018で

ASOBU家優秀賞受賞しました


【表彰制度概要】
建物躯体とエネルギー設備機器をセットとして捉え、トータルとしての省エネルギー性能の優れた住宅を表彰し、
さらなる省エネルギーによる環境負荷削減の推進と快適な住まいの実現に貢献することを目指しております。

【評価視点】
視点1: 外皮・設備の省エネルギー性 能 値
視点 2: 多様な省エネルギー手法の導入
視点3: 省 エネルギー住宅の普及への取り組み
供給戸数、供給価格、情報発信等を考慮し、省エネルギー住宅普及への各種取り組みを 総合的に評価。

【審査体制】
ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー審査委員会
最高顧問:伊藤 滋 早稲田大学 特命教授
委 員 長:坂本 雄三 東京大学 名誉教授
委 員:秋元 孝之 芝浦工業大学 教授